設立50年の分注機パイオニアカンパニー 柴崎製作所

お電話でのお問い合わせはこちら TEL.0485-84-2211 平日 AM8:00〜PM5:00

お問い合わせ

製品情報

チップ式マイクロプレート検体分注装置 MP-200

ラック to プレートの連続分注、高速処理マシン

特徴

1. 連続稼動と、4連式ノズルの採用で設備稼働率、生産効率UP

親検体ラック(50本掛け)を4個までセットすることができ、
マイクロプレートへの自動サンプリングに対応
又、設備稼働を停めずにラックを補充することができる為、連続処理が可能

2. 独自設計により、設備スペース効率の最大化

192本掛けチップラックは3個まで架設することができます。
又、プレートはスタッカー方式の採用により20枚まで段積みすることが可能
尚、プレート供給は旋回ステージの採用により、縦横のプレート方向指定が可能

3. お客様が望む運用に合わせたトレーサビリティー

ラックバーコード読取機能により、必要な検体のみを指定して分注することが可能
又、紐付けされたプレートへ分注することも可能

4. 液量、液質に合わせた液面モニタリング分注

吸引、吐出時の、弊社ノウハウによるバラエティーに富んだ設定パラメーターにより、
液量、液質の違いを吸収し高精度な分注を実現
又、液面高さを圧力センサーが検出し、常に最適高さでの吸引を実現

5. 人為ミスを最小限に食い止める

ディスポチップ成形不良や、ユーザー操作ミス、ラック設置位置ずれに対よる、ノズル下降時の衝突事故を
ヘッド内に搭載したジャミングセンサーにより、最小限に食い止めることが可能。
これにより、デリケートな検体に対しても、ノズルが接触することによる悪影響を低減させることが可能

6. 工程内保証へ向けて

液量不足の空吸引や、異物吸引による異常を認識し、後工程への不良等を未然に防止

分注容量 20μl~(maxは、ご要望により打合せ)
分注精度 CV2%(25μl時)
処理速度 約400~600検体/時間(1対1分注時、25μl分注時)
検体ラック架設数 最大50本ラック 4個(架設できるスペースを確保)
チップラック架設数 3個(192本ラック)
ノズル数 4連式(Z軸独立駆動方式)
ノズルピッチ 可変可能 9~22mm
バーコード読取機能 親検体ラック用(オプション)
プレート用(オプション)
設備サイズ
重量
1200(W)×850(L)×1400(H)mm
約150kg
電源 AC100V、50/60Hz、300VA